ホーム>リフォーム>キッチンリフォーム

キッチンリフォーム

エコシングル水栓のご紹介

ecobr2.jpg


水と湯をしっかり使い分け、湯のムダ使いを防ぎます。

eco11.jpg従来のシングルレバー混合栓は、 レバーが少しでも左に回った状態で水を出すと給湯器が作動して、湯と水が混ざって出てきます。水を使ってるつもりなのに、気付かないうちにムダなエネルギーを使っていました。

エコシングル水栓
中央部までは水が出ます。
水と湯との境にクリック感があり意識して使い分けができます。
年間光熱費約9,400円節約できます。(キッチン用水栓)
これだと、大人はもちろん小さなお子様にも分かりやすいと思います。
家族みんなで気を付ければ、かなりの節約になりますよ!

eco01.gif

 エコシングル水栓ラインナップ 

■ノーマルタイプ GGシリーズ

TKGG31E.jpg TKGG33E.jpg TKGG30E.jpg
TKGG31E 【新商品】
定価29,100円(税込30,555円)
TKGG33E 【新商品】
定価31,000円(税込32,550円)
〈スパウト220mm
TKGG30E 【新商品】

定価26,700円(税込28,035円)

〈スパウト170mm
TKGG30SE 【新商品】

定価26,700円(税込28,035円)

■キッチンシャワータイプ GGシリーズ

TKGG31EB.jpg TKGG31EC.jpg TKGG33EC.jpg
TKGG31EB 【新商品】
定価42,300円(税込44,415円)
TKGG31EC 【新商品】
定価32,400円(税込34,020円)
TKGG33EC 【新商品】
定価34,300円(税込36,015円)
TKGG30EC.jpg    
TKGG30EC 【新商品】
定価30,000円(税込31,500円)
   

キッチンリフォームは水道屋さんに頼むのがおすすめです。

index1.gif 直接工事で行うので工賃を抑えられます。
  工務店やリフォーム会社へ依頼すると、実際の工事は下請けの会社が行うことになり、余計な費用がかかります。
直接水道屋さんへご依頼頂くと、余計な中間マージンがなく、その分費用を安く抑えることができるのです。
   
index2.gif 水まわりのことは水まわりのプロへ!
  キッチンのリフォームというと出来上がりの華やかさばかりに目がいきますが、
一番肝心なのは見えないところ!
水まわりのことを熟知している水道屋として
細かいところまで気を配り丁寧な工事を行うことを約束します。
   
index3.gif アフターサポートにすぐに駆けつけます。
  水漏れがする…、蛇口の調子が悪い…そんなトラブルが発生したときには
知識の豊富な水道屋がすぐに対応いたします。
毎日使うキッチンですからトラブルは早く解消したいものです。
メンテナンスやアフターサポートも責任を持って迅速に対応いたします。
   

 

before after
DSCF2599.jpg DSCF2651.jpg


→ 他の施工事例はこちらをご覧ください。

キッチンリフォームの豆知識

キッチンのタイプは基本的には下の4つのスタイルがあります。
どれがご自分のライフスタイルに合っているか、お部屋の広さや配管の位置などと合わせて選びます。

type1.gif
 
■クローズドタイプ
キッチンが一室として完全に独立しています。
作業に集中しやすく、収納スペースも確保しやすいです。

料理のにおいや煙がダイニングやリビングに流れにくく、また来客の際キッチンを見せたくない場合には適しています。
配膳や片づけの動線が長くなる、LDの様子がわからないなどのデメリットがあります。
 
type2.gif
 
■セミオープンタイプ
造作壁やカウンターなどで仕切った機能的スタイルです。
作業に集中しやすく収納スペースも確保しやすいです。
対面式のようにダイニング側とコミュニケーションが取りたいけど適度に隠したいという方に向いています。
キッチンへの光や風の取り入れ方の工夫が必要になります。
 
tupe3.gif
 
■オープンタイプ
キッチンを壁付してダイニングと一体化したスタイルです。
配膳や片づけの動線がスムーズです。
ダイニングの家族とコミュニケーしやすいです。

仕切りがないので、片づけていないとキッチンが丸見えになってしまう、
振り向かないとLDの様子がわからないなどのデメリットがあります。


 
type4.gif
 
■オープン対面タイプ
吊戸棚を付けずにシンク上をオープンにしたスタイル。
ダイニングやリビングと一体感のある空間をつくれます。

光を取り入れやすく明るいキッチンになります。
においや煙がダイニングやリビングに流れやすい、
目隠しを工夫しないと作業台がLDから丸見えになってしまうというデメリットがあります。


 


hatena.gif キッチンの高さが自分に合っていないと、疲れやすく、腰痛や肩こりの原因にもなります。
では、どんな高さが最適な高さなのでしょうか?
 
takasa.gif
カウンターの奥行は60cm・65cmが主流で、
やや広めで75cmがあります。
オープンキッチンだと90cmや100cmのもの
もあります。
 
takasa2.gif


 

ぜひお気軽にお問い合わせください
ページ上部へ